偉大な農民画家 フランソワ・ミレー 落ち穂拾い 晩鐘 種をまく人   前のページに戻る

農民の心  ジャン=フランソワ・ミレー  1814〜1875

1814年、フランス北西部シェルブールの近くの小さな村で8人兄弟の長男とし生まれた。
ミレー家は代々の農家だが土地の名家でもあった。ミレー自身は忙しい母にかわって祖母に育てられる事になるのだが祖母は信仰心が厚く慈悲深い人柄で、厳しいけれど深い愛情を持ってミレーを育てた。
そうした祖母の教えが後の作品に大きく影響し、農村の家族と信仰を題材にその愛情が色濃く描かれている。

19歳になると祖母の勧めで画家になる勉強を始め1837年にパリにでて本格的に画家修業に専念する

1849年ミレーはパリから南東に60キロほどの小さな村バルビゾンに移住する。その翌年、サロンに出品した作品が種をまく人である。
この作品はおおむね好評を得たが、19世紀前半に続いた農民反乱などの社会的事件の記憶をよみがえらせたためか、保守的な批評家からは批判された。
いずれにせよ、このことによってミレーの存在は広く世に知られるようになった。
「種をまく人」の主題は、パリ時代からミレーをとらえ続けたテーマであった。
1845年以前(所蔵不明)と1846年(ウェールズ国立ギャラリー蔵)にそれぞれ油彩作品を各点制作しており、また習作素描も数多い。そうした長年の構想期間を経て種をまく人は生まれた。
人体が作る対角線と傾斜した地平線により構成される簡潔で緊張感ある構図、明暗の対比、そして荒々しい筆致による厚塗りのマチエールなどの表現を通じて、この作品はかつてないモニュメンタルな農民の図像を打ち出したのである。
なお、ミレーはこの作品の前に、本作とほぼ同構図、同寸法の種をまく人(ボストン美術館蔵)を制作している。(山梨美術館解説)


ゴッホは「ミレーの作品はその畑で採れた土で描かれたようだ」と言い農民の心を表現するミレーを尊敬していた。

                                下の画像をクリックしてください。

ミレー「種をまく人」の詳細

「種をまく人」 ボストン美術館
油彩、カンヴァス、1850年



「種をまく人」 山梨美術館
油彩、カンヴァス、80x101cm 1850年

この作品は左の作品より後に描かれ、
1850年のサロンに出展した作品と思われる。
この作品によって広く世に知られるようになった。


 [晩鐘
油彩、カンヴァス、55.5x66cm 1858年 
オルセー美術館


ミレーは敬けんなカトリックであったが、この作品はプロテスタントの多いアメリカでの評価が高かった。


 落ち穂拾い
油彩、カンヴァス、83.5x111cm 1857年  
オルセー美術館


後ろに描かれた大きく積まれた藁とわずかに残った落ち穂を拾う女とのコントラストが当時の農家の生活の厳しさを物語っている。


鍬を持つ男
1862年
油彩 カンヴァス 80x99cm
ロサンゼルス ポール・ゲッティ美術館


夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い
1860年
油彩 板 53.5x71cm
山梨県立美術館


子供たちに食事を与える農婦
1860年
油彩 カンヴァス 74x60cm
フランス リール美術館
ミレー「母親の心遣い」の詳細

母親の心遣い
1857年
油彩 板 29x20.5cm
パリ ルーブル美術館
ミレー「糸を紡ぐ少女」の詳細

糸を紡ぐ少女
1855年
油彩 カンヴァス 46x39cm
ボストン美術館
ミレー「仕事に出かける人」の詳細


仕事に出かける人
1853年
油彩 カンヴァス 56x46cm
シンシナティ美術館


昼 寝
1866年
パステル 黒コンテ 紙 29.2x41.9cm
ボストン美術館


樫の木陰で昼寝をする羊飼いの娘
1874年
パステル カンヴァス 64x94cm
ランス美術館


ランプのもとで縫い物をする女性
1872年
油彩 カンヴァス 100.7x81.9cm
ニューヨーク フリック・コレクション


木陰に座る羊飼いの娘
1872年
油彩 カンヴァス 65.4x54.9cm
ボストン美術館



複製画 花の絵画  アメリカの風景 
特選名画 世界の美術館へリンク 世界美術館めぐり ジクレープリント 絵画の下取り 著作権について
支払いについて プライバシー保護 サイトマップ